「木漏れ日かざるこの道を」の歌詞 HY

2014/12/3 リリース
作詞
Shun Naka
作曲
Shun Naka
文字サイズ
よみがな
hidden
最後さいごはなれるのに それでもぼくらは出会であ
あまりにとお未来みらいだけど 身近みぢかかんじてしまうんだ

真夜中まよなか めて ねむってるきみせた
いつかはこのやさしい体温たいおんともサヨナラってえられない

きみ きみこえ きみにおきみすべてをあいしてる
気付きづかないふりしてきてきたの うしなうのがこわいから
かぎりあるときなか よろこびもかなしみもともにあるでしょう
全部ぜんぶきみごすいとしき日々ひび きしめるモノばかり

いつかはそんなるって わらってはなせたらいいな
められずなげくより わらってあきらめたら
またひとつこころなか木漏こも

きみ きみこえ きみにおきみすべてをあいしてる
永遠えいえんなんて本当ほんとうはないのに それを理解りかいってきみきている
とどけずじまいの言葉ことばたちきみいたいといかける
つたえるべきおもいばかりです わらきみながら

けてはとおれないそのいとしき日々ひびだと最期さいごおもえるように
きみをあなたをえらんだの あいしてるよ ずっと おもいきりきてゆこう

きみ きみこえ きみにおきみすべてをあいしてる
気付きづかないふりしてきてきたの うしなうのがこわいから
それでも明日あしたれよう 不確ふたしかなモノばかりだけど
たしかなモノはいつもここにある 今日きょうぼくのそばにある
とどかないぼくむねおくきみあいきている