「風吹く街 feat. 荒牧陽子」の歌詞 HYENA,荒牧陽子

2010/6/23 リリース
作詞
荒牧陽子,HYENA
作曲
荒牧陽子,AILI
文字サイズ
よみがな
hidden
(Verse 1)
5月頃ごがつころあたたかいかぜ道路沿どうろぞいにもみどりがあふ
みなみからのぼってくる高気圧こうきあつ あそびのなつへの期待きたいもうずき
芽吹めぶ希望きぼうちから あるすこの時期じきならまた1いちから
みちがないならつくればいいさ ゼロからのはじまり どこのだれもみんな
あせったってはじまらないから ゴールなんてめちゃいないまだ
たまのやっかいもこのわりじゃないなら まえをこなせばいいただ
昼下ひるさがり 木漏こも ビルがいとおって このまち近寄ちかよなつもそこで
蹴飛けとばすくつひもなおして かぜくも 目線めせんただまえほう

(Hook)
きみ季節きせついろえ またひとゆめをみる
がむしゃらなかぜ戸惑とまど背中押せなかおすように

(Verse 2)
真夏まなつ夕暮ゆうぐれにかぜはすべてをわすれさす また狂乱きょうらん
ほぼ連日連夜れんじつれんやのおまつさわぎにゃ 結局けっきょくのとこ毎年変まいとしかわりないから
感謝かんしゃするいましあわせ だから昨日きのう後悔こうかいなんかしてるひまはねえ
まらない今晩こんばん段取だんどり けどこのあつさにゃいそいだって仕方しかたねえ
したたるあせふいてビールながへんにこもってかかむのはいまじゃねえ
おもてってる めんどくせえことはぱらってわすれちまわね?
いてるとおくれる 熱帯夜ねったいやあつさが歯止はどくるわせる
真夜中まよなかなかよりそとほうすずしい 汗拭あせぬぐ首筋くびすじ かぜがすりける

(Hook)
きみ季節きせついろえ またひとゆめをみる
がむしゃらなかぜ戸惑とまど背中押せなかおすように

(Verse 3)
真冬まふゆはだ北風きたかぜはたまに現実げんじつきびしさをわからせた
けどそんなときにはタイミングよく なぜかまってだれかがべた
厚手あつでのスタジャンのポケットに小銭握こぜににぎりしめ 仲間なかまとおったみち
わすれないおもいはそろそろもういい? 人肌ひとはだぬくもりをかんじたあの
えにあせりにこごえにつかえたぶんだけ仲間なかまわら
れにって気持きもちもえたら かんがいてさらにうえはるへとかえ
なやくるしみ よくあるはなし くだらねえ そんなんでちてちゃつまらねえ
自分じぶん人生変じんせいかえるのは自分じぶんだけ ほかはねえ
なんならたおすか? うぞ あさまで
一年いちねんとおかぜえないアジアのはしのよくあるまちはなし
もののしはえないかたち
また今年ことし季節きせつ一回ひとまわ

(Hook)
きみ季節きせついろえ またひとゆめをみる
がむしゃらなかぜ戸惑とまど背中押せなかおすように