「novel」の歌詞 HaKU

2012/10/10 リリース
作詞
辻村有記
作曲
辻村有記
文字サイズ
よみがな
hidden
きっとあなたが不安ふあんになったとき
きっとだれかは何食なにくわぬかおして
そっとしあなたの頭上ずじょう
不器用ぶきよう仕草しぐさ安心あんしんおぼえて

だけど だけど
その「だれか」はぼくのことじゃなくて
残念ざんねんながら
その「だれか」になる予兆よちょうすらえないんだ

気付きづけないや
りないもの
けないもの
すべてが不安要素ふあんようそ
どれだけいたら出来できるのかな
ひとれたいほど心珠しんじゅ

一瞬誰いっしゅんだれかってかんなかったよ」
そんな変化へんかぼくのぞんでいて
えなくていいことまでえちゃうぼく
それだけあなたをかんえてるってこと

こえすこえたり
いつもとちが事唱こととなえたり
たりばったり 無頓着むとんちゃくところ
でもなんかいまとても
わろうとする事全ことすべてに
「あなたのため」をわけにしてるがした

だけど だけど
その「だれか」にぼく嫉妬しっとして
うらかえせば
その「だれか」にぼくはなりたいんだろう
いたような
そんな情景夢見じょうけいゆめみ
傍観ぼうかんしてるぼく
なぜだかなみだあふれたんだ

気付きづけないや
ただしいこと
間違まちがうこと
すべてがわだかま
どれだけいたら出来できるのかな
ひといとしいほど心珠しんじゅ

きっとあなたのそばにいること
きっとつらくてしあわせなこと