「selfish」の歌詞 HaKU

2012/10/10 リリース
作詞
辻村有記
作曲
辻村有記
文字サイズ
よみがな
hidden
なんでか 太陽たいようけてる
なんでか かげはじめた
上手うまこと けてたもんだと
自分じぶんでもめてやりたいぐらい

相変あいかわらず
こんなぼくだけれど
それでもわらずに
あいつづけると
った わない った
わない ったの問答もんどう
結局けっきょく360°回転かいてんしてもともどぼく

だけど なんか今回こんかい
いつもとちがってて
どっか くるった歯車はぐるま
ぼくなおせなかった

きらいになれないや
どうしたらいい わすれたいよ
半分はんぶんうそだけどさ
となりわせの真実しんじつ
うそにかくれてしまうんだ

だれにだってあることだから
そんなの通用つうようしないとおもっていた
ぼくらだけ特別とくべつだって
まるで人事ひとごとのようにかんじてた
全部ぜんぶがそう 全部ぜんぶ
人肌恋ひとはだこいしい
つめたいふゆなんて
ぼくらにはおとずれないとしんじてた

よろこびもかなしみも 人並ひとなみみにかんじてる
なのに あの季節きせつかんじられない

綺麗きれいりたい
挨一ほこりひとのこさないぐらい
ふとひとみいきえば
四季折々しきおりおりかお季節きせつ
残像ざんぞうとなっておも

きらいになりたいよ
そんなこと出来できやしない
ぼくなさけないやつだろ
バカにされるんだ いつになっても

きらいになれないや
どうしたらいい わすれたいよ
半分はんぶんうそだけどさ
となりわせの真実しんじつ
うそにかくれてしまうんだ

あいはどこにあんだ
ぼくにはまだみつけられないのかな

あいはどこにあんだ
もしかしてもうれて
きててたのかい