「プラネタリウム」の歌詞 Heavenz,初音ミク

2011/11/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
のない街明まちあかりで
あなたをとおくにかんじてしまう
ほし出会であうガラスケースから
れてかないで

記憶きおく辿たどった面影おもかげ
わりをげる小鳥ことりおど
つめたいシーツにもれたくて
呼吸こきゅうめても
ローソクがともる
とどかない岸辺きしべ
げてく あめ

へだたれたこのおもさえ
そらかるはしになる
ほしになるあなたははやすぎたわ
じれば、ほら
まだあののまま

狭間はざまこぼしたなみださえ
手繰たぐせるいとになる
また明日あしたれば
はなればなれになるけれど
いま静寂しじまける

たわいもない月明つきあかりで
いきづくようなプラネタリウム
真昼まひるわらずまたたいてる
わたし半歩先はんぽさきらしながら

極彩色ごくさいしき絨毯じゅうたんひろげて
真新まあたらしいくつらしてちわびる
ながかわは ミルクのように
んでほどける 月立つきたちの夜空よぞら

くぐもってかすんだふるえる言葉ことばさえ
あなたをかぜになる
いまはただやさしいぬくもりだけ
いたまま一人ひとり
今日きょういてるの

へだたれたこのおもさえ
そらかるはしになる
ほしになったあなたはとおすぎるけど
じれば、ほら
まだのまま