「Let-ters」の歌詞 Heavenz,IA

2012/9/26 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
「あのかれったって」
こししたようだ」
同棲どうせいするんだっけ」
めどなくとどかぜ便たよりには
僕宛ぼくあての言葉ことばひとつもない

きたくないこえばかりだ
無邪気むじゃきただようこの郵便ゆうびんはさ
自信じしんがなかった あのころぼく
もう一度いちど きみりたかったな

何気なにげなくおもして 何気なにげなくふで
あぁこの住所じゅうしょは もう空家あきやだったっけ
えた文字もじを クシャクシャにした

いてかないで ぼくおも
みみとどうわさ無責任むせきにん
なが世界せかいあそぎた
気付きづいてたんだ きみきだったと

「この前喫茶店まえきっさてんたよ」
1人ひとりだったみたいだ」
「どうしたんだろうね」
めどなくとどかぜ便たよりには
むね鼓動こどうにすら気付きづかない

部屋へやなかうろついて 出会であうのがこわくて
ぼくことなどとおひとだろう
わすれてはいないさ」つよがってみせた

むねポケットの ポストへげられた
手紙てがみはもう しで色褪いろあせた
ふかねむりを こすように
ゆびでなぞった場所ばしょあるした

時々ときどきあたまをよぎっていた
きみまぼろしすように
ひとつ、ひとつ、また、ひと
あるいてみせるんだ

おもほうこころほう
きみ姿すがたはもうわってしまったろう
それもぼくらすだろうな

やりれないころぼくゆるそうか
なにかぞれてない 自分じぶんこと
きみるまでは ただの子供こども
ぼくらのなかでは まだ子供こどもころ

いてかないで ぼくらをおも
出会であったいまは もう現実げんじつなか
あのころのように きみわら
かぜのようなささやきが こえてる