1. スクランブル歌詞

「スクランブル」の歌詞 Hey!Say!BEST

2013/6/26 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
まるぼくをあざわらうようにすす
ときなかにあなたをさがすの
つないだハズのちいさなそののひらの感触かんしょく
いとがほつれていくようにながれた

まだほんのりとねつをもつその光景こうけい
いじわるでやさしい笑顔えがお
背伸せのびしすぎねとぼくにささやきながら
いつも自分じぶんかかとをあげたね

さえない表情ひょうじょう内側うちがわ
あの日知ひしっていたのに
言葉ことばにするのがこわくて
気持きもちにかぎをかけた

まるぼくをあざわらうようにすす
ときなかにあなたをさがすの
つないだハズのちいさなそののひらの感触かんしょく
いとがほつれていくようにえゆく

足跡あしあとだらけの砂浜すなはまながれる
なみのようにこころをさらった
もう一度押いちどおせてはこないかとぼくは
ちるなみだうみながした

たのしげな表情ひょうじょう内側うちがわ
ぼくはっていたから
言葉ことばにすることをためらわず
気持きもちのかぎをあけた

あるきだそうとするぼくをなだめるように
あなたへのおもいがそらをまう
皮肉ひにくのような雲一くもひとつないそら見上みあげて
かじかんだそらにかざした

ああ こころさえ なみださえ とどけられたら
あの日言ひいえなかった あの言葉ことば
つたえたくて Ah... さまよう

まるぼくをあざわらうようにすす
ときなかにあなたをさがすの
つないだハズのちいさなそののひらの感触かんしょく
いとがほつれていくようにえゆく

あるきだそうとするぼくをなだめるように
あなたへのおもいがそらをまう
皮肉ひにくのような雲一くもひとつないそら見上みあげて
かじかんだそらにかざした