「キズナ」の歌詞 Hi-Fi CAMP

2008/6/4 リリース
作詞
KIM.SOYA
作曲
Hi-Fi CAMP
文字サイズ
よみがな
hidden
ひがしそらあかるくなったころ きみ言葉ことばをまたおも
ぼくなみだながしそうなときぼくよりさききみ
その表情ひょうじょうなみだかきし このさき なにがあっても
わらってえてゆく きみがそのかてとなる

時折ときおり はげしく つめたいあめぼくらをけてくけど
きっと大丈夫だいじょうぶ 見上みあげれば そらぼくらをらしていく だから

わらない けた日々ひび そんなときおもして
よろこびも くやなみだも きっと かけがえのないキズナ

ぼくひろがるあおそら 見上みあげればかならつながんだ
だから涙流なみだながれてそうなら
おもしてこのうた もうどうにか なりそうなとき
ねぇ きみかならとなりてくれたろ いくはなれたってわらない おもがここにある

サヨナラあの旅立たびだちが いまでも胸締むねしけるけど
きっと大丈夫だいじょうぶ これからもいま明日あしたかってく だから

かたう まだあおゆめ ぼくらいつかこのなか
いくつもの くや涙流なみだながして おもわらおう

さぁ いま はしした りしきるあめにもせず
さぁ ほら ぼくこえまない場所ばしょ

おもなやいたも いつも二人ふたり 見上みあげたそら
うたうたう このよろこびが きみぼくつないでくれた

わらない けた日々ひび そんなときおもして
よろこびも くやなみだも きっと いつまでもずっと
わすれない きみ日々ひび どんなときわらえた
今日きょう明日あしたも これからさきも ずっと かけがえのないキズナ