「一握りの空の下」の歌詞 Hi-Fi CAMP

2010/8/18 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
雲一くもひとくてわたそらきみさびしさをらすけど
きみ見上みあげなきゃささえになれずに 只少ただすこあかるいだけ

一人一人ひとりひとりうえでほら 一握ひとにぎりのそらひろがって
ちっぽけなぼくらのまわりはいま 世界中せかいじゅうつながるから

あゆんだかずだけきずついたら きみゆめつづきをえがけば
さぁまえよりつよほこれる きみおもいはあのそら似合にあいろまってく

たとえばだれかがきみ否定ひていして さきかすんでえたなら
自分じぶんこわしてかえるよう素直すなおさをつけてしい

明日あしたうつそら明日あしたかくくも
何千回なんぜんかい見上みあげてただろう
ちっぽけなぼくらのまわりはいま 一握ひとにぎりでつながってく

くしたはずのこたえなんてさ 今日きょう明日あしたてなくわっていく
さぁ がり見上みあげたなら 一握ひとにぎりのそらいま ひとにじかってく

間違まちがいやあきらめはこれからもあるだろう
それを今日きょうなげいたっていいさ
たしかなことは...「そんなときこそきみかい そのにぎりしめた」

世界せかいはきっといまかがみようきみまよいやおそれをうつしている
さぁそれならあのそらようわたってぐなきみうつしだしてみて

あゆんだかずだけきずついたら きみゆめつづきをえがけば
さぁまえよりつよほこれる 一握ひとにぎりのそらした きみいまきざんでく