1. 一粒大の涙はきっと歌詞

「一粒大の涙はきっと」の歌詞 Hi-Fi CAMP

2009/8/19 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
大人おとなになって しばらくてば 上手じょうず気持きもちを あらわせなくなる
きずついたり きたいときかなしさこらえる 必要ひつようはないさ

どんなにつよがりをせても なみだあふれる
そのときそら見上みあげて ほら

一粒大ひとつぶだいなみだはきっと そらアガきみ見守みまもって
れたそらやさしくそっと がるきみ微笑ほほえむんだ
雨上あめあがりはにじつくって れた大地だいちには ほらはなくよ
その景色けしきが やがて 笑顔えがおわるんだ

ほこらしげに はなのように ぼくらはてているだろうか
そのはなびらが らぬように ゆっくりすこしずつ みずをあげていく

こたえもえずにあるいている 皆同みんなおなじだよ
つまずくことなんて よくあるだろう

しろ紙切かみきれのなかには ひたむきな自分じぶんるとして
それをいつも めてけなして すこしずついろしていくんだ
そのかみはどんなしゴムも 元通もとどおしろくはもどせないけど
そのにじんだいろほかにはせない

このさき まないあめけても
きみかさっているし れるのもいいだろう

一粒大ひとつぶだいなみだはきっと そらアガきみ見守みまもって
あめには やさしくそっと れそうなきみうるおすんだ
雨上あめあがりはにじつくって れた大地だいちには ほらはなくよ
その景色けしきが やがて 笑顔えがおわるんだ