1. 夢の向こうへ歌詞

「夢の向こうへ」の歌詞 Hi-Fi CAMP

2010/9/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いそがしい毎日まいにちまれ、いつからか笑顔忘えがおわす愛想笑あいそわらいをやたら使つかいこなして
おおきけりゃおおきいほど えがゆめだれにもえずに ぼくうそついていた

夢見ゆめみころぎても それらしい成果せいかのこせなくても
昨日きのう明日あす自分じぶんむねれる今日繰きょうくかえしていこう

ぼくらがあるさきこたえはなにくても
かえるそのさきいままでの道程みちのりがあるんだ
何度なんどでもまよいながら 何度なんどもつまずいたっていい
ぼくだけのみちすすむんだ
凸凹でこぼこだらけでどろにまみれてても どんなときでも素顔すがおのままで わらえたらいいな

けばぎるすこしずつ自分削じぶんけずられてるようなに日常にちじょう不安ふあんばかりがして
それなりにたのしめてる だけどむねくすぶりつづける おもれなくて

あのぼく何故なぜだか あきらめる理由わけばかりをさがしていた
一度いちどてたおもいが いまこんなにこのむねあつくする

おおげさなゆめでいい 本気ほんきかえばいい
沢山たくさん階段かいだんを ゆっくりとみしめていくんだ
「あのときこうしてれば」って 後悔こうかいだけはしたくない
毎日まいにちゆめ足跡あしあと

きずついてたおれても ふと涙流なみだながしても それはたしかにいどんだ日々ひびあかし
さきてしなく とおくなるけれど そんなときまえつめて

ぼくぼくであるため 明日あしたかがやため
いま出来できるコトすべて やれるだけやりってみたいんだ
「あのときこうしてれば」って 後悔こうかいだけはしたくない
ぼくだけのみちすすむんだ
不安ふあんまよいもかかえたままでいい 最後さいごはきっとゆめこうで わらえたらいいな