「恋の花」の歌詞 Hi-Fi CAMP

2013/5/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
もうこいなんてしないと あの日誓ひちかったおもいが
きみまえでは容易たやすってしまいそうで
きみからすれば友達ともだち いままでならばそれでいい
だけどそれなのにどうして? せつなくなるのはどうして?

ひらり ひらり 桜花おうか うつくしき月夜つきよらされ
はなよりもなほかがやくひと 恋心呼こいごころよます

サクラサクラ みだれて はかなりゆくとしても
こいしたひときみかった
いまはただ そっとつめて チョットわらえるだけで
こころいとしさであふれてく

かなうことはこいだとあきらめきれないほどもるはなびら
ひとつひとつがぼくおもいで ひとつひとつがきみとのおも

ふわり ふわり 桜花おうか 見上みあげてたきみにみとれてた
かえ君愛きみいとしすぎて 恋心苦こいごころくるしくて

サクラサクラ みだれて はかなりゆくとしても
こいした気持きもさえれない
そのこえを もっときたい ずっとあさひるよる
こころ欲張よくばりにわってく

くだらない会話繰かいわくかえした どんなときわらってくれてた
きみ見上みあげたさくら ぼくむねおくにまでいた
ぼくきみの1ばんじゃなくて ぼくきみ特別とくべつじゃなくても
気付きづけばだれよりおもってたよ きみおもってた

サクラサクラ みだれて はかなりゆくとしても
こいしたひときみかった
友達ともだちじゃ きっとられないって わかってても
おもいを 今君いまきみつたえたい
だれより 今君いまきみおもってる