「恋煩い」の歌詞 Hi-Fi CAMP

2013/5/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
永遠えいえんしんじたはずなのに 君以上きみいじょうひとないのに
なにかにわれててしまった しあわせがかすんでいく

ゆるしてくれよ。なんてえないな って
つよがってわすれたフリもした
だけどどんなに時間じかんぎても
I Remember 面影おもかげぬくもりも やさしさも あい
わすれることなど出来できないと
一人ひとりよるにはこころ

人生じんせい終焉しゅうえんきみそばないなら
後悔こうかいのこして ぼくんでしまう
「どうか微笑ほほえんで...」なんてうたおくらない
もう一度いちど となりでいつもわらっていてよ

さびしさはもりつづけている きみわかれたあのよりも
些細ささいおも あたたかくて しあわせだったと

ちいさなよろこびをわかえた
せま部屋へやあいあふれていた
どんなピンチもともえた
永遠えいえんえがいてた
きみためつよくなるから それがはじまりのはずなのに
上手うま出来できなくて きみかせてた

それでもずっとえずあいあたえてくれたね
文句一もんくひとわず ささえてくれてた
まもるんだってめたぼくりなかったのは
きみまもられている。とおもこころ

いつしか 気付きづいた わすれたくないと
おもえば おもほど あたたかな日々ひび
些細ささい些細ささいな すれちがいだったのにAh
いまきみ何想なにおもうの

このこえがもしもきみとどいているなら
二人ふたりごした日々ひびおもして
そのときにまだなみだあふれてくるなら
もう一度いちど となり永遠えいえんわらっていてよ