「枝垂れ桜」の歌詞 Hi-Fi CAMP

2009/8/19 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
春風はるかぜがそっと ぼくうしがわ横切よこぎ
せつなくも何処どこなつかしいにおいで
おも場所ばしょ歳月さいげつがまためていく
「あのときぼくたちは…」って ふとおもした

旅立たびだちのとき つよがってかくしてたなみだ
きみといつかわらえる わらぬかおえるよね

桜舞さくらまころわした約束やくそくなんて
おぼえてないだろう? ぼくだってそうさ
だけどいつも何処どこかで
のせいのようで やさしくもつよ
ぼくよわさをそっと つつむんだ

アスファルトがふさいでいく 景色けしきなか かんがえたんだ

ならぶビル すれちが人達ひとたち笑顔えがお
そこにまるおもよりも 大切たいせつものなんだよね

さくらはもう そこにはかないんだって
地方紙ちほうしすみちいさならん白黒しろくろ枝垂しだざくら
おもはすぐに うすれていくけど
いろいたままで のこすんだ

あれから僕等ぼくらすこ大人おとなになって
ほこれるようたたかっているんだ あのさくらよう
おも場所ばしょやさしくもつよ
ぼくよわさをそっと つつむんだ

そしてぼく今日きょうまえすすむんだ