「愛してるが言えなくて」の歌詞 Honey L Days

2011/11/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
節介せっかいあきかぜが またます
むねにぽかりといた このあなこと
それでもひとなみだわすれゆくもの
いやせないきずいとおもるのかな

それはきみだった
土砂降どしゃぶりのなかこごえてたぼく
そっときしめてくれたぬくもりは
いまのこるけれど

あいしてるがえなくて
れないこころあめれる
きみなしじゃくずれてしまいそうで
矛盾むじゅんだらけでえたくなる
大事だいじにしてくとめたんだ
ずっとそばてよ

おもがたちまちにえていくけど
本音ほんねえばすこいそぎすぎたかな

それは不意ふいだった
まちですれちがったわすれかけてたあのひと
高鳴たかな鼓動こどう正直過しょうじきすぎて
わすかおがないよ

あいしてるがえなくて
不安ふあんにさせた夜重よるかさねたね
サヨナラがえたなら どんなに
きみ心救こころすくえたんだろう
耳元みみもとでた“いたいよ”
まだ むねしめつける

きになるほど うしなことおびえてしまう
どんなにつよきしめえば
えられるだろう

それはきみだった
いつもきみだった
ぜんぶきみだった
ずっときみなんだ
こんなにも こんなにも
いとしくて いとしくて
なにまよってるの

ありふれた日曜日にちようびの やわらかいかぜなかおも
ふとした瞬間しゅんかんの その笑顔えがお
ぼくだけにまもらせて

あいしてるがえなくて
不安ふあんにさせた夜重よるかさねたね
どんな言葉ことば色褪いろあせるほど
いま きみに このあいおく
てれるから今日きょう一度いちどだけ・・・

あいしてる”