1. キミがまた歌いたくなる頃に。歌詞

「キミがまた歌いたくなる頃に。」の歌詞 HoneyWorks feat.GUMI

2014/1/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
夕日ゆうひえる音楽室おんがくしつ
ピアノに腰掛こしかけるあやかし 邪魔じゃまをするふうにはえないか
二人ふたりうたはじまった

鍵盤叩けんばんたたくハッピーいつも孤独こどく演奏会えんそうかい 最高さいこう
一人一人教壇上ひとりひとりきょうだんあがっていく公開処刑こうかいしょけい 最悪さいあく

ああやっぱりうたきらいだ
居残いのこ決定けってい さいテスト
無言むごんあしをブラつかせてオマエは素知そしらぬかお
二度目にどめ試練しれんイントロがながれた

はじめてくオマエのうた
あまりにキレイできそうだ
かさねようヘタクソなりのうた
必死ひっし形相ぎょうそう不協和音ふきょうわおん隣涼となりすずしいかおしてやがる
でもっただろ?うたいたくないんだ

馬鹿ばかにされた歌声うたごえかぎをしてめた
わらいものにされた過去かこ
てたはずのそれをオマエがどうしてってんだ
もう…けないでくれよ

れない教壇浴きょうだんあびる視線しせん
まるのどつば
無言むごんあしをブラつかせてオマエは素知そしらぬかお
幾度目いくどめ試練しれんえられそうだ
「もう大丈夫だいじょうぶ

何度なんどいたオマエのうた
あまりにキレイでえそうだ
かさなってひとつになったうた
さあおそれるな一人ひとりすすんださきひろがる煌々こうこうたる世界せかい
もうあるけるがとなりさびしい
背中せなかしたのはだれだっけ
だからったろ?うたいたくないんだ