「春 ~spring~」の歌詞 Hysteric Blue

1999/1/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
けぶる木漏こも日浴びあ
ふと気付きづ
春風はるかぜおく
おも
れる笑顔えがお
あとわずかな時間とき
ちかくにいたかった
それでも あぁ
おな視点してん
ている
世界せかいが あぁ
二人ふたりビミョウに
ズレてた
とおつめ ポツリ
「じゃあね」いま
おなじ おひさまのした
ます
こういうゆめなら
もう一度逢いちどあいたい
はるるたび
あなたにえる
そういう気持きもちで
チクリとこころいた
とおりを見渡みわたせば
ふと気付きづ
はないろから
おも
おなゆめ
夢見ゆめみてたあなた
さそってした
それから あぁ
なが時間じかんをかけても
それでも
あぁ 世間せけん
愛想あいそつかせても
授業じゅぎょうよりも
食事しょくじよりも
もっと大切たいせつなコト
あたしうたき…」
こういうゆめなら
もう一度逢いちどあいたい
はるるたび
おおきくなれる
そういう気持きもちを
わすれずにいたら
つよきられる
ようながして
ゆきがやんで
さむさも
今年ことしもあの
季節きせつ
あぁはる
こういうゆめなら
もう一度逢いちどあいたい
わかれの季節きせつ
きになれる
いっぱいはなした
おもが ひらり
いつでも
よみがえらせれる
こういうゆめだし
もう一度懸いちどかけたい
いつか……