「祭花」の歌詞 IKECHAN

2007/8/15 リリース
作詞
池田大其
作曲
池田大其
文字サイズ
よみがな
hidden
まつりったよるきとつげられてあせまみれのあんたが
とてもステキにえた
子供こどもころからいやでもかされた太鼓たいこおとはじめて
しみたあきよるやった
やんちゃなあんたはなんのとりえもないけどと
ボーとってるうちをだきしめたよねいまでもあのときのあんたを
おもすのはいつまでたってもかわらん
おとこたちがいるまちやから
またはしってやあせまみれのおとこれのなか
そしてあいしてなつよおとこでいつまでもうちのこと
泉州せんしゅう おんなまつりにさくおとこのなかにいつまでもりそってさいてゆくから

はげしさをあらそひる近寄ちかよれんけどよるはちょうちんのかりがかび
うちとふたりづれ
子供こどもたちももりあがりおとこはおさけにおいに
つつまれながらやさしいかおをみせる
はっぴ姿すがたのあんたにれて今年ことしもそんな姿すがたをみつめてる
おかしいまちやねこんな時代じだい
いつまでたってもかわらんおとこたちがあつまるなんて
ずっとはしってやかすれたこえひびかすれのなか
ずっとあいしてなあのころのあんたでそううちのこと
泉州せんしゅう おんなまつりにさくおとこなかにいつまでもりそってさいてゆくから

ずっとはしってやあせまみれのおとこれのなか
ずっとあいしてなつよおとこでいつまでもうちのこと
泉州せんしゅう おんなまつりにさくおとこなかにいつまでもりそってさいてゆくから