1. DANJIRI歌詞

「DANJIRI」の歌詞 IKECHAN

1900/1/1 リリース
作詞
池田大其
作曲
池田大其
文字サイズ
よみがな
hidden
ねん一度いちどあき
おとこまつりがはじまった
法被姿はっぴすがたあらくれが
あつまりまつりがはじまった
宵宮六時よいみやろくじしで
この町中まちじゅうをつける
太鼓だいこ
めば
きざ太鼓だいこはし
相棒あいぼういこかとつぶやけば
すこしはこころおさまった
まえデコあやつ舵取かじとり
網先つなさきにらみつけた
あせごえから
日本にほんまつりだこのまつ
伝統引でんとうひわかしゅう
時代じだいうつしたDANJIRIだ

まつりにあつまるギャラリーが
はしれといきつめてる
ある太鼓だいこばん
網先つなさきくのを
っている
網元握つなもとにぎあらくれが
ドンスをにぎってうご
網中つななかあたりはこし
うしろをるなはたかれる
ひとちからせつける
うしろデコ一振ひとふりやりまわ
着流きなが姿すがた大工方だいくがた
おどちょうようがる
法被姿はっぴすがたあらくれが
あつまりまつりがはじまった
伝統引でんとうひわかしゅう
時代じだいうつしたDANJIRIだ
おとこひとつになってゆく
おとこいのちってゆく
おとこ無心むしんこえをあげ
かみうやまうDANJIRIだ