「White Love」の歌詞 INFINITY 16

2012/12/5 リリース
作詞
伊秩弘将
作曲
伊秩弘将
文字サイズ
よみがな
hidden
てしない あのくも彼方かなた
わたしをつれていって
そのはなさないでね

真冬まふゆ星座せいざから ちたしろこい
むねおくりつもる
こころみて なみだになる
仲間なかまとはちがう サインでうたび
つよくなれる
はなれていても いつだってひとつだよね

もっとちゃんと いつも つかまえていて
電話でんわがないよるつよがってても
ホントはねI miss you…

てしない ほしひかりのように
むねいっぱいのあい
いまあなたを つつみたい
天使てんしがくれた 出逢であいは
あのそらきぬけて
永遠えいえんかがやつづける

しろいためいきくもったまどににじむ イルミネイション
うれしいほど
明日あした不安ふあんけるものね
あたらしい手帳てちょうにも あなたのイニシャルが沢山たくさん
ありますように…
つぎ約束やくそくが あるからきていけるよ
ゆきけて やがてはるがくるころ
あなたにとって 木漏こものような
やすらぎに なっていたい

てしない ほし生命いのちのように
くじけそうになっても
ずっとあいつづけるよ
はかなゆきみたいに
このいまの しあわせが
いつか えてしまわぬように

あいしてる… いていて…」

てしない あのくも彼方かなた
わたしをつれていって
そのはなさないでね

天使てんしがくれた出逢であいは
奇跡きせきなんかじゃないよ
神樣かみさま つめてて
まれたてのあい
永遠えいえん大切たいせつにするから
―あなたのためきていきたい―