「粉雪」の歌詞 INSPi

2006/11/1 リリース
作詞
奥村伸二
作曲
奥村伸二
文字サイズ
よみがな
hidden
銀色ぎんいろまちある足元あしもとこいさがすように
見知みしらぬ天使てんしぼく不意ふいに ぶつかっておたがいにわらった

まちあかりがいろともしていくように
ぼくこころひかりして はじまりのおといた

粉雪こなゆきぼくらをもどして
出会であったころ気持きもちをむねよみがえらせてくれる
わすれない あの時感ときかんじたこと
そらねがうよ いつでもきみそばにいてくれますように

何気なにげないりをして きみをあのまちへとした
ってあるいまなによりも大切たいせつおもうよ

あの時僕ときぼく出会であっていなければ
このふゆさむさを理由りゆう身体寄からだよことかった

粉雪こなゆきぼくらにくれたものは
偶然ぐうぜんようかおをしていた 二人ふたり出会であ運命うんめい
僕達ぼくたち出会であったときっている
ゆきねがおう いつでもぼくしあわせでいられるように

粉雪こなゆきぼくらをもどして
出会であったころ気持きもちをむねよみがえらせてくれる
つなぎ どこまでもあるいてこう
永久とわちかうよ どんなにつよ北風きたかぜいてきても ぼくきみまもるから