「誰よりも優しくて」の歌詞 J-WALK

1995/6/21 リリース
作詞
知久光康
作曲
杉田裕
文字サイズ
よみがな
hidden
最後さいごのはずのこいえて
きみ何処どこかえるこれから
かおげたとき
おれづいて
きみかなしく微笑ほほえんだ
ちいさく
けたきみ
二人ふたりあいだかべえる
きずつけうほど
もとうなんて
出来できなかった俺達おれたちには
きみだれかをあいしても
おれ められずに
これでいいと
かせた
おれはただの友達ともだち
だれよりやさしくて
きみ微笑ほほえ
おれにだけせてくれた
あのころもどれるなら
えないかべ
たたおれまえいま
いつかきみがいる
Oh Oh Oh・・・
はじめてがするんだ
きみとおざかるうし姿すがた
振返ふりかえっても
そこにいるのは
いまじゃただの友達ともだち
「ごめんね
一人ひとりでいたいの」と
きみわれても
しかたないね
どんなことでも
はなせるなんて
自惚うぬぼれてただけのおれ
すべてがもうおそすぎるね
でも もう一度いちどだけ
きずついたきみきしめて
はなさないとさけびたい
だれよりやさしくて
だれよりもきみ
幸福しあわせでいてしいと
さけこえとどかない
もう一度君いちどきみ
おもしてしいんだ
いつもそばおれがいる
Oh Oh Oh・・・