1. BOKUMAMA~もうひとつの誕生日~歌詞

「BOKUMAMA~もうひとつの誕生日~」の歌詞 JAMIL

2011/8/3 リリース
作詞
太志,Jamil
作曲
太志,Jamil
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくのままでいいですか」
きみのままでいいですよ」
かれにはなれない だれにもなれない
それなのにぼくあいされることをった
今日きょうぼく誕生日たんじょうび

ママ、もう心配しんぱいなんてしないで
「まだ恋人こいびとはいないの?」なんて
電話でんわ もうしなくたってさ
パパ、ぼくやっとみつけたんだ
ただ遠回とおまわりをしてきたんじゃないよ
わせたいひとがいる
つよがること」と「つよくあること」の
ちがいにも気付きづかないで
ここまであるいてきたけど

ぼくのままでいいですか」
きみのままでいいですよ」
てしないたびわりとはじまりを
ぼくのままでいいですか」
きみのままでいいですよ」
かれにはなれない だれにもなれない
それなのにぼくあいされることをった
今日きょうぼく誕生日たんじょうび

雨宿あまやどりはもうやめにしたんだ
すまでどれだけの時間じかん
ながれて いくつのよるぎたのだろう
どしゃりのあさ をつぶりただ
言葉ことばにならぬおもいを まぶたのうらけた

からっぽになるくらいに ひときになりました
これはこれでまた 素晴すばらしい日々ひびなのです
片方かたほうつばさだけでは そらをつかまえられない
こんなに素敵すてきかなしみをれて
ひとりあるみち…いつかばたけますように

きててよかったとおもったときに はじめて
まれてきてよかったとおもいました
いのちらしてもらって はじめて
いのちのはじまりに感謝かんしゃしました

自分じぶんちからだけでは かせられぬはなもある
よろこびだけでは たどりつけぬあいもある
ただ日々ひびごすだけでは
つけられなかったもの
あのひとりの日々ひび このいのち意味いみ
あなたと二人ふたりごすぼく誕生日たんじょうび
もうひとつの誕生日たんじょうび