1. 君が君でいてくれるなら歌詞

「君が君でいてくれるなら」の歌詞 JAYWALK

1995/3/1 リリース
作詞
知久光康
作曲
中村耕一
文字サイズ
よみがな
hidden
二人ふたりだけのあの部屋へやの ドアを
もう一度いちどまたたたこう もしいまでもそこにまだ
きみがいたなられて たびよう

このむねなかにいつのにか
つくられたゆめてられていた
俺達おれたち大切たいせつゆめ

もう二度にどはなしはしない
きみきみでいてくれるなら
わすれてもわっても いないさ
おれおれでいる

勝手かっておとこさ わかってる
きみまわされてばかり
でもゆめにはきみがいた いつでも

二人ふたりだけのあの部屋へやの ドアを
もう一度いちどまたたたこう もしいまでもそこにまだ
きみがいたなられて たびよう

ただすこしロマンティックな
ときごせればいいのかい?
それだけじゃなかったはずさ
そうおぼえているだろう

荒波あらなみをひとつえるたび
つめあえる俺達おれたちなら
てしなくつづくこのたび
たのしめるのさ ずっと

勝手かっておとこさ わかってる
しんじられるかい? ゆるせるかい?
でもゆめにはきみがいる いまでも

二人ふたりだけのあの部屋へやの ドアを
もう一度いちどまたたたこう もしいまでもそこにまだ
きみがいたなられて たびよう

二人ふたりだけのあの部屋へやの ドアを
もう一度いちどまたたたこう もしいまでもそこにまだ
きみがいたなられて たびよう