「200X年…公園」の歌詞 JAYWALK

2006/7/19 リリース
作詞
知久光康
作曲
杉田裕
文字サイズ
よみがな
hidden
2千何年にせんなんねんかの れた日曜にちよう午後ごご
だれもいないちいさな公園こうえんおれはいる

ベンチにこしろせば あのことがよみがえる
わかこいわりの ちぎれた言葉ことばのかけら

あの頃話ころはなした未来みらいきみはたどりけたのか
まえ恋人こいびとより まだえない
未来みらいてたおれ

わすれないよ」ってったね なぐさめにもならないね
なみだかわいたすなちて とりとめもない未来みらい
それぞれのゆめれた 季節きせつわりにいた俺達おれたち

わせならここより いいところ
あのころでも あったとおもうけど
このベンチがなつかしい

あの地下鉄ちかてつ工事こうじも いつのにか
かたづいて さまになったこのまち
きっときみってるね

ちいさなくにちいさなまち でももうわないだろう
もしづかないおれてるなら
出来できるなら微笑ほほえんで

きみは「ってる」ってったね 「5年ごねんでも10年じゅうねんでも」
こんなにすぐだなんておもえなかった
とりとめもない未来みらいにたどりいておも
季節きせつわりにいた俺達おれたち