「君と約束した優しいあの場所まで」の歌詞 JEWELRY

2005/3/9 リリース
作詞
三枝夕夏
作曲
小澤正澄
文字サイズ
よみがな
hidden
きみ突然居とつぜんいなくなるゆめ
最近さいきんよくるのよと
うつむくわたしなにわずに
ポケットのなかつよにぎりしめたきみ

いろきそはなのように
物憂ものうげなあめにさえも
よりその姿すがたかがやくように

きみ約束やくそくしたやさしいあの場所ばしょまで
いまはまだ二人ふたりたがはしつづけようね
きみあざやかないろになるその季節トキまで
えない日々ひびいとしさをしてゆくよ
そしていつのにか

このなか選択肢せんたくしおおすぎて
時々選ときどきえらべずまよってしまうけれど
結局振けっきょくふかえればいつだって
自分じぶんあゆきずいてきた一筋ひとすじみちいまつながっているよ

そしてひとめられるみちよりも
自分じぶんよろこべる道選みちえらぶべきだときみおしえてくれたね

きみ約束やくそくしたやさしいあの場所ばしょまで
渋滞じゅうたいまれて 苛立いらだときそら見上みあげよう
いたさに先急さきいそいで大切たいせつなもの見落みおとさないように
むし日々ひびわらばなしになるよね
きっといつの

未来みらいまぶしすぎて
がくらみなにえず
ときすす方向ほうこう見失みうしなうけれど
そのひかりによって今足元いまあしもとびる
くろかげたよりにあるいてこう GO WAY

きみ約束やくそくしたやさしいあの場所ばしょまで
目指めざすそこはきっと たがいにあまえるための場所ばしょじゃない
いつかあたたかなかぜつつまれえるまで
つめたいかぜかっていこう
いまはまだそれぞれに

きみ約束やくそくしたやさしいあの場所ばしょまで
みちやせば 余計迷路よけいめいろにハマルよね
たとえ標識ひょうしきのないみちつづいたとしても
しん気持きもちを道標みちしるべくよ
やさしいあの場所ばしょまで