「君が降らせた雨」の歌詞 JIGGER'S SON

1995/7/21 リリース
作詞
坂本さとる
作曲
坂本さとる
文字サイズ
よみがな
hidden
この気持きもちをどうやってきみつたえたらいい
きみのことをおもうといつもむねくるしくなる

ぼくいまここで こうやってうたっているのは
きみがいたから きみつたえたいことがたくさんあるから

きゅうあめかさもないし このままれてあるこう
つかれたときやすめばいい」ときみそらあめらす
あるとき ぼくわるうわさきみわらいとばした
ひとりでむきになってたぼく
どれ程救ほどすくわれただろう きみ

ときながきみはいまそばにいないけど
ぼくのために きっときみあめらせている

言葉ことばだったり 手紙てがみだったり 姿すがただったりが
まりそうになるぼくをやさしくまえした
ちからだけじゃひとまもれないと きみおしえてくれた
ぼくはいつもいのってる きみかなしませるものがえてしまうように

きみれてしまいそうになったら
今度こんどぼくきみあめらそう

ぼくいまここで こうやってうたっているのは
きみがいたから きみつたえたいことがたくさんある

言葉ことばだったり 手紙てがみだったり 姿すがただったりが
まりそうになるぼくをやさしくまえした
ちからだけじゃひとまもれないと きみおしえてくれた
ぼくはいつもいのってる きみかなしませるものがえてしまうように