「流れ星が見える丘」の歌詞 JIGGER'S SON

1995/7/21 リリース
作詞
坂本さとる
作曲
坂本さとる
文字サイズ
よみがな
hidden
まちおろす このおかから
こんなにたくさんほしえるなんてらなかったよ

とおくまでひろがるまちしずかにかがやいている
ここからえるすすべてが星空ほしぞらのようさ

競争きょうそうしようよ。どちらかがさきながぼし つけられるか」
まじめなかおきみった

無理むりわらってみせたけど
むねくるしくなった
じっとぼくつめたあと
きみがスタートの合図あいず

必死ひっしさが流星りゅうせいきみおも
つけられると自分じぶんいきかせる
ぼくちだ」とさけんでかおもどすと
自転車じてんしゃきみえていた

一緒いっしょごしたときしんじていたかった
いつかまた もとの二人ふたりもどれるとおもっていた

おかりるみち とぼとぼあるきながら
そういえばきみ自転車じてんしゃれるなんてらなかったな

ずっとぼくにむかっていたきみ気持きもちが
すこしだけそれて
うしなってしまった

ながぼしさがぼくかげ
どんな気持きもちでわかれをげたの
このおかきみえらんだわけがわかったよ
あのながぼしきみからの最後さいごのプレゼント