「缶ビール」の歌詞 JIGGER'S SON

1995/7/21 リリース
作詞
坂本さとる
作曲
坂本さとる
文字サイズ
よみがな
hidden
きみはじめてぼく部屋へやまったよる
17じゅうななぼくらはかんビール一本いっぽんになって
二人ふたりともになって
二人ふたりだったらなんでもできるとおもって
たがいは自分じぶん分身ぶんしんだとおもって
とにかくうれしくて
10分笑じゅっぷんわらった後30分泣あとさんじゅっぷんないた

そうだったね
だからきみかんビールをとき
いつもおだやかな
おだやかなかおをしていたんだね
そうだったんだね

20ハタチこと
ぼくはや大人おとなになりたかった
まわりからのこされてしまいそうでもがいていた
学生がくせいのくせして学生がくせいがいやだとってみた
みき場違ばちがいなバーへれてって
雑誌ざっしおぼえたもの
得意気とくいげきみにすすめた

世界せかいひろがってくようで
ぼくしたくてたまらない
すこいてているきみ
かまわずにおもぼくした

二人分ふたりぶんなみだはじめてのビールがじって
へんあじだね。もうめないよ」とわらった二人ふたり
もどれない もうもどれない

きみわりをめたそのよる
最後さいごきみぼくためした
テーブルのうえかんビール
ぼくはその意味いみからずに
ただきみめた

ゆっくり大人おとなになろう
あおうおもえたとき もうきみはいなかった
脇道わきみちにそれていたぼくまわりで
わらないでいてくれたのは
きみかんビール

二人分ふたりぶんなみだ
ビールにけてえた
二人分ふたりぶんなみだ
けて…