「風に吹かれて」の歌詞 JUDY AND MARY

1997/3/26 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたにまえもらった
詩集ししゅうくなったの
うしろのページに
はさんであった
わたし似顔絵にがおえ
よくててわらった
しゅんとしてあるいてる
背中せなかたたいてくれる
つぶされてる
しぼんだ風船ふうせん
いききかけてる
くことをあきらめて
まええなくなって
電話でんわないで
かぜおとだけ
いてたこともあったわ
Oh oh… yeah
夢中むちゅうになりたいから
ひときになるから
わすれてゆくもの
ててゆくもの
わたししんじたもの
足跡あしあとのこしてたびする
素敵すてきにおいのリズムは
ちぎれやすいこころ
つなぎとめる
デコボコであたたかいの
わってゆくわたし
わってく景色けしき
イタズラにときをすべって
もしまれわって
ちがわたしでも 永遠えいえん
銀河ぎんがかぜかれて…

つよひとみあこがれて
いかけた
カラッポのむね
つらくって
ゆめのカケラたち
元気げんきておいで
-どこまで こうかな?-
くした詩集ししゅう
つけたの
なつかしくてページめくる
まだあの
はさんでるがして
本気ほんきさがしちゃった
わってゆくわたし
わってく景色けしき
イタズラにときをすべって
もしまれわって
ちがわたしでも 永遠えいえん
銀河ぎんがかぜかれて…
Ha… Na-na…