「みずいろの影」の歌詞 JUJU

2011/11/23 リリース
作詞
Kiyoshi Matsuo
作曲
Daisuke Kawaguchi
文字サイズ
よみがな
hidden
こころがわりなら まだすくわれるけれど
この気持きもちをのこしたまま
それぞれのみちにもどって おわかれするのね

むすばれるはずじゃなかった ふたりだから
あなたに出逢であうまえのこと もうおもいだせない
時計とけいをとめる あまい魔法まほう

わたしだけにせるやさしさも
わたしだけがってるこえ
おもにするには まだはや
むねのいたみがささやくの
みずいろのかげ いかけて

こわれそうなゆめ ちぎれそうなこのこころ
たぶんあのころより ほら 臆病おくびょうになってる
あやまらないで いちゃうから

うしなうことでしかづけないわたしはまだ
どもだったけど
あなたのやさしさにつつまれて
しあわせだった日々ひびたちが
はやむかしになればいい

おともたてないで
ときながれてゆくけど
ずっとわらないものがあると しんじてもいいでしょうか

さだめとっててもゆるせないわたしのこと
ないふりしたあなた
最後さいごのやさしさね ありがとう
むねのいたみが うずくけど あるいてゆくわ ひとりで
みずいろのかげ いかけて