1. ナツノハナ歌詞

「ナツノハナ」の歌詞 モノノ怪 ED JUJU

2007/8/8 リリース
作詞
MIYUKI HASHIMOTO
作曲
NAOHISA TANIGUCHI
文字サイズ
よみがな
hidden
きみないと うまくわらえない
いつからかわたし
無防備むぼうびなほどに かれていたから こんなに

ありふれたまち
かけがえのないおもいを
大切たいせつにして きていけたなら
もうなんにも のぞまないのに

あのそらいたなつはな
かぜいながらちてく
きみてた ふたりで夢見ゆめみてた
瞬間しゅんかん永遠えいえんだった
かぎりあるこのときなか
かぎりなくきみだけをあいしても
もうえない 夜空よぞらそそかがや
あの日々ひびが たとえようもなく いとしくて

きみないと きずつきもしない
あれからのわたし
くことも出来できぎてくだけで すべてが

このなかには
そばにいたぬくもりだけ
つよがっていた わたしこころ
なにもかもを えていたのに

あのそらったなつはな
あざやかにひろがるゆめ
むねちて ふたりをつつんでた
瞬間しゅんかん永遠えいえんだった
かぎりあるこのときなか
かぎりなくきみだけをあいしても
もうれない 夜空よぞらそそかがや
あの笑顔えがお たとえようもなく いとしくて

あのそらいたなつはな
かぜいながらちてく
きみてた ふたりで夢見ゆめみてた
瞬間しゅんかん永遠えいえんだった
かぎりあるこのときなか
かぎりなくきみだけをあいしても
もうえない 夜空よぞらそそかがや
あの日々ひびが たとえようもなく いとしくて