1. 桜雨歌詞

「桜雨」の歌詞 JUJU

2010/2/24 リリース
作詞
Kiyoshi Matsuo
作曲
Jin Nakamura
文字サイズ
よみがな
hidden
ふたりであるいた かわべりのみちを ひとりである三年さんねんぶりに
すこしはやすぎる わたしの背中せなかを きみの口笛くちぶえ いかけてたね

いろづく街並まちなみと ざわめくひとたちが この季節きせつげるよ(It's spring!)
ここにれば えるがした なにらなかったふたりに

さくららす やさしいあめわたしほおつたわってゆく
どうかこのまま りやまないで なみだがかわくまでは もうすこし このあめたれていたくて

あのころはいつも なにかにきずつき えないいたみで 不安ふあんごまかした
えない未来みらいまえのきみを こころのなかで ならべあわせて

おもいを おもに したくて できなくて 時間じかんだけがぎてく(Time flies)
はるになれば えるがした てついていた "Goodbye to myself"

さくららす 日暮ひぐれのあめが ふたりのまちりかえてゆく
どうかおねがりやまないで きれいにわたしたちのあしあとを あらながしてほしくて

きみのほう かえらず ゆめかってきたけど
なくしたあおさと つかんだなにかに いまはまだ とまどっている

さくららす やさしいあめわたしほおつたわってゆく
どうかこのまま りやまないで なみだがかわくまでは もうすこし このあめたれていたい

ねえ桜雨さくらあめ わたしねがい かなえてほしい
どうかこのまま りやまないで どこかでまぐれにきみがいた 口笛くちぶえおと るまで