1. My Confession(no sound/message from JUJU)歌詞

「My Confession(no sound/message from JUJU)」の歌詞 JUJU

2010/3/17 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
おもかえせばまだ18さいだったあの

NYにわた理由りゆう自分じぶんなかにあれこれさがしていました。
音楽おんがくとかファッションとか口実こうじつ色々いろいろあるけれど、結局けっきょく1ばんわたし背中せなかしたのは、
大好だいすきなコレオグラファーへのあこがれでした。どうしてもいたくて…。

NYにきさえすればえるがする!!そんな衝動しょうどうでした(両親りょうしんにも内緒ないしょ)。

まれてから1たことがないくらいにうつくしいうごきをするそのひとに、
いたくていたくて、ひとでいい、そのひとおど姿すがた自分じぶんたくて。

NYにいればえるがするっていう根拠こんきょはないけどつよしんじる気持きもちと、
そのかれたいするつよおもいをつづけた結果けっか、あたしはあるひょんな偶然ぐうぜんからそのひと出逢であいました。

あのときうれしさったらいまおもかえしても人生じんせいで1、2をあらそ歓喜かんきだった。

もう、狂喜乱舞きょうきらんぶとはああいうこと。

とはいうものの、せっかく出逢であえたあこがれのひととも、こいのようなことを結局けっきょくわなくなってしまったけれど…。

とにかくだれかをきになると後先あとさきかんがえずにひたすら突進とっしんしてしまうあたし。

はじめてこいちたのは11さいのとき。
けっしてかなわぬ8さいうえのひとをきになってこころのくるしさをおぼえたときから何度なんどこいをしたことか。

かなったりかなわなかったり、見切みきったり見切みきられたり、きずついたりきずつけたりをかえしつつも、
あたしのトキメキ依存症いぞんしょう依然いぜん勢力せいりょくおとろえることがありません。

どうしようもなくだれかをきになったり、どうしようもないこいちたり、
どうしようもなくだれかをうしなったりするうちに、
こころもつかれてそんなことにもきがくるかとおもっていたのに、
まったくそんなことなくしんのパートナーをさがつづけている今日きょうこのごろ

11さいのあたしは、きっといまぐらいの年齢ねんれいになったら結婚けっこんして
コドモも何人なんにんかいるようながしたけれど人生じんせいそんなに簡単かんたんにはいかないみたいです。

あたしという人間にんげんがこのまれてはや何年なんねんかはさておいて、なんしかアガったりサガったりのこの人生じんせい
ホント、たのしいばかりじゃないし、むしろしんどいことのがおおもするけど、
それでも最後さいごにはプラマイプラスで人生じんせいわるようながしてます。

こいでも仕事しごとでも人間にんげん関係かんけいでも、どんなにくるしくてもろくなってよわ全開ぜんかいになっても、
どこかに自分じぶんしんじるものがあるならまえすすむことが出来できがする。

いたみもくるしみもしいものもれるためにはきっとえていけるはず

あたしも毎日まいにちいためいきと、しあわせがげていきそうなためいきをかえしつきながらきています。

でも、そんな日々ひびのなか、とく最近さいきんおんなまれてかったって本当ほんとうおもう。

だってどんなにつらいときでもおりのふく素敵すてきくついて
キレイにアイラインがけたらもうちょっと頑張がんばれるがするもの。

そんな、おんなまれたことがもっとたのしくなってきたいまわたし正直しょうじき気持きもちをきゅっとこのアルバムにまとめました。
今回こんかい音楽おんがくをつくるというよりも、わたしまれていくかんじがいいなぁってアルバムをつくりながら、
そんなおもいがしてました。そんなこんなで3枚目まいめのアルバムにして「JUJU」なんてタイトルに。フフ。

これからもいろんな出逢であいとわかれや苦痛くつう快楽かいらくつづいていくんだろうけど、
ときたよれる友達ともだちやファミリーのちからしてもらいながら、とにかく自分じぶんらしくすすんでいこう。
2010ねんのあたしはそんなふうおもっています。
あたしはあたし以上いじょうでもあたし以下いかでもなく、いまJUJUでしかない。
そしてそれはまったくわるいことじゃないがしています。

JUJU