1. 桜歌詞

「桜」の歌詞 Janne Da Arc

2000/3/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
しろ世界せかいいろづきだし
あわあわやさしいゆきあめにとけて
かぜはこんだ 4月しがつ
とおとお記憶きおくきみよみがえらせる

またぼくちどまらせた はるをまとう恋人達こいびとたち
みだれたその景色けしきに まばたきさえわすれて

今頃君いまごろきみもどこかではなびらを
あの日指ひゆびきりした約束思やくそくおもしてるの?
“そのうちおたがいをわすれるときるけれど
すこおもして、、、、さくらはなにしたら、、、、”

まだいてないあのつぼみは
まるで まるで あのころにいた二人ふたりよう

みちゆく人波ひとなみなか きみ姿すがたかさなる
栗色くりいろながかみぼくうばわれ

まだ子供こどもようなあどけないひとみのままで
かけぬけた季節きせつはあまりにも綺麗きれいすぎて
ひとあいすること きみおしえてくれたから
いまでもきみ笑顔えがおむねをはなれない

今頃君いまごろきみもどこかではなびらを
あの日指ひゆびきりした約束思やくそくおもしてるの?
“そのうちおたがいをわすれるときるけれど
すこおもして、、、、さくらはなにしたら、、、、”

まだ子供こどもようなあどけないひとみのままで
かけぬけた季節きせつはあまりにも綺麗きれいすぎて

もうつぎあめおわげるはなびらを
きみあたらしい季節きせつだれかときてるの?
けれどおぼえていてきみあいしていたこと
約束やくそく言葉ことば、、、“さくらはなにしたら、、、”