1. Lunatic Gate歌詞

「Lunatic Gate」の歌詞 Janne Da Arc

1999/9/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
めたきみひとみ
相変あいかわらず無機質むきしつ
宝石ほうせきみたい
いつものだれにでもせる
得意とくい
おとこ見下みくだすくせに
上目使うわめづかいがやけに上手うま
きみかおわりぼくとの
よるかぞえてたり
ぼく彼女かのじょ~」と
きみはなたび
かないフリして
ぼく口唇くちびるにかみついて
きみをLunatic Gateまで
れていってあげる
この僕以外ぼくいがいにはだれにも
できないこと
今夜こんやきみをメロディアスに
かなでてあげるから
なにかくしてるそのとびら
ひらいてみせて

むねひらいたDress
ぼくきみおくるのは
せたいからじゃない
そのDressをただみだらに
がせたいだけ
そとったきみ
かんじがいつもと
なにちがってえるのは
はだかじゃない
きみだからかもしれない
暗闇くらやみより 太陽たいようしたほう
似合にあいすぎてるきみ
つめられないのはなぜ?
がつけば ぼく
ラビリンスに
れさられていて
いたずらなきみ仕草しぐさ
あやつられてる
輪郭りんかくのない憂鬱ゆううつ
だれ麻酔ますいをかけて
このままじゃ ぼくきみから
はなれられなくなる

つかみどころのない関係かんけい
りながらきみ
なにわず ぼくうで
あさむかえる
とりつくろう
笑顔えがおかわいた なみだあと
ごまかすつもりなら
もうすこし うまく
うそをついて
一人ひとりきりのよるほう
きだったはずなのに
がつくと きみ感触かんしょく
さがしてた
きみをLunatic Gateまで
れていってあげる
なにかくしてるそのとびら
ひらいてみせて