1. Vanish歌詞

「Vanish」の歌詞 Janne Da Arc

2003/9/18 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
れない時間じかんながよるながかんじる
からだよりもこころのオアシスがしくて
なにげにこわれたはずのラジオをつけてみると
ノイズじりの彼女かのじょうた出会であった

なつかしくもないのに なぜかぼく
ふとがつけばなみだしてた

ひからびかけたこのぼく女神めがみりて
彼女かのじょこえ うるおすしずくよう
天使てんし微笑ほほえみにもた やわらかなかぜこえ
大人おとなになった ぼくこころいやすなんて

いつもわらっているよう彼女かのじょ歌声うたごえ
ぼく子守歌こもりうたがわりになってたのに

ゆめ彼女かのじょそら見上みあげて
なみだせずにいているよう

真夜中まよなかにふとめると いたほど静寂せいじゃく
いつのまにか 彼女かのじょこえざされ
不思議ふしぎ魔法まほうせられた ぼく子供こどもよう
彼女かのじょはもう ラジオとともにねむりについた

もうつめたくなっている彼女かのじょ何度なんどびかけて
いつまでも こえてるまで
うなだれた彼女かのじょからだ 永遠とわ目覚めざめはしない
彼女かのじょのいない あのよるにはもどりたくはない