「ring」の歌詞 Janne Da Arc

2000/3/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
まばゆいひかり しこむ部屋へや片隅かたすみわらってる
写真しゃしん二人ふたり いまはいない
ふと見上みあげたそらあおくすきとおっているのに
ぼく心晴こころはれなくて

素直すなおになれなかった二人ふたりのすれちがいが
きっとくしたもの 二度にどもと
もどらないことわかっていたけど

ぎんのリングてたほそゆびきみだれれるの?
あま過去かこ時間じかんさえも いまむねをしめつけ
せめてぼくおもいだけは どうかきみとどいて
こわれそうな心抱こころだいて つよそらねがうよ

ねむれぬよる つづいて つきのあかりがらしだす
景色けしききみかげえた
一人ひとりきりにれたとかせていたはずが
こころ うそはつけなくて

まぶしすぎたあの日々ひび さびしさつのらせていく
だけどてられない かがやとき
たとえ今歩いまあるせたとしても

ぎんのリングえたぼくゆびなにをつかめばいいの?
おなゆめてたころっていたはずなのに
うつわるつぎ季節きせつ すこ心委こころゆだねて
きっと上手うまかぜせて 永遠とわきみおもうよ

ぎんのリングてたほそゆびきみだれれるの?
あま過去かこ時間じかんさえも いまむねをしめつけ
せめてぼくおもいだけは どうかきみとどいて
こわれそうな心抱こころだいて つよそらねがうよ