「風の中の火のように」の歌詞 KAI FIVE

1993/2/10 リリース
作詞
甲斐よしひろ
作曲
甲斐よしひろ
文字サイズ
よみがな
hidden
だれかが必要ひつようになり
名前なまえをよびたい
きずあとがうみはじめ
一人ひとりじゃあ いられない
むねにすがりつよ
いていてほしい
孤独こどくさけびのなか
夜毎よごとそんなゆめをみる
そんなとき きみをよぶ
さむさにがさめ自分じぶん
かぜなかのように
ああ かけられたコート
そのぬくもりがきみなんだ
みんなよろこびなげうち
いたみとつきあってく
てつくよるのふち
すぎさったあいによろけ
きはらしもろく
あめなか
孤独こどくゆめ最中さなか
いてくる勇気ちからがほしい
そんなとき ぼくをよんで
さむさにふるえ自分じぶん
かぜなかのように
ああ しこむひかり
そのぬくもりがぼくなんだ
ララララ ララララ
ララララ ララララ
ララララ ララララ ラ-

(oh-) なぜみんな
一人ひとりおど
かなしみめみえぬ相手ひと
はげしいさけびおしかくしああ
いやだ一人ひとりきりは
このぬくもりがあいなのに
かぜなかのように
かぜなかのように
かぜなかのように
のように…