1. リズム歌詞

「リズム」の歌詞 KAME & L.N.K

2008/2/27 リリース
作詞
内柴翼
作曲
内柴翼
文字サイズ
よみがな
hidden
自然しぜんひびってた 心地ここちよくからだんでた
それがきみうしなったあとぼくのリズムはバラバラ
でもときすす戸惑とまどってるぼくよそにたんたんとさき
それでも気付きづけばぼくあたらしいリズムにめられていく

日差ひざすこいたはるはし肌寒はだざむいが木々きぎちゃからみどり
くるま窓越まどごしでもかんじる わらない自然しぜんのリズム
二人初ふたりはじめて出会であったこの季節きせつ きだった季節きせついま複雑ふくざつ
偶然通ぐうぜんとおりかかったかよったみせ なぜか二人ふたりきだった場所ばしょまで
景色けしきはあのころおなじ でもなぜかべつ場所ばしょのようなかん
となりなくなったせいか いまさら気付きづいたものえた
ふたたくるまはしむかしよくいたきょくなんかなが
心地ここちよかったあのリズム いま普段ふだんぼく鼓動乱こどうみだ

あんなにってた二人ふたりのリズム くるうことなどないとおもってた
それがいまでは別々べつべつのリズムをかなでている
(もう)とどかないぼくさけこえ (もう)こえないぼくこえ(ねぇ)
二人奏ふたりかなでたリズム 余韻止よいんやまない えない わすれられない

はじめはよろこんだ一人ひとり時間じかん たのしかったのはほんのわずか
こと重大じゅうだいさに気付きづいたとき手遅ておくきみ気持きもとおはな
なくなって痛感つうかんした きみという存在そんざいおおきさ
きみってたんだ ぼく喜怒哀楽きどあいらくすべてが
グチりたくても自慢じまんしたくても 新作しんさくのイチゴデザートつけても
えないつたえられない だってきみはもうそばない
やりのないかなしみにみだくら部屋一人へやひとり涙流なみだなが
とき無常むじょうにリズムきざ二人狂ふたりくるったリズムに関係かんけいなく

あんなにってた二人ふたりのリズム くるうことなどないとおもってた
それがいまでは別々べつべつのリズムをかなでている
(もう)とどかないぼくさけこえ (もう)こえないぼくこえ(ねぇ)
二人奏ふたりかなでたリズム 余韻止よいんやまない えない わすれられない

一体いったいいつこのくるしみからはなたれるのかな?
一体いったいいつこのかなしみがえてくれるのかな?
はげしくせつなく胸痛むねいためたおもわすれない ごめん ありがとう
おもうつくしくはかないリズムきざいまむねおくつよたた

あんなにってた二人ふたりのリズム くるうことなどないとおもってた
それがいまでは別々べつべつのリズムをかなでている
(もう)とどかないぼくさけこえ (もう)こえないぼくこえ(ねぇ)
二人奏ふたりかなでたリズム 余韻止よいんやまない えない わすれられない

わら二人ふたりここにはない 一緒いっしょゆめははるかうしえない
もう…ひびことはないリズム さようなら
ぼくぼくのリズムで きみきみのリズムで
それぞれのスタートって あたらしい世界せかいんでいく

あんなにってた二人ふたりのリズム くるうことなどないとおもってた
それがいまでは別々べつべつのリズムをかなでている
(もう)とどかないぼくさけこえ (もう)こえないぼくこえ(ねぇ)
二人奏ふたりかなでたリズム 余韻止よいんやまない えない わすれられない