1. 予定どおりに偶然に歌詞

「予定どおりに偶然に」の歌詞 KAN,ASKA

2010/3/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくらはゆめてた
ならっただけのステップで なにうたがわずに
はるかなとおくをてた 意味いみなどわかんないまま
ながながみちつづいてた とおくなった

ちょっと未来みらいはなしにつきあってくれないか
たとえばこの地球ちきゅうがあるぐるっとかたむいたとき
ぼくは上手じょうずきみをつかまえてられるかな
そうかんがえるといろんなことがきゅう不安ふあんになるけど

ぼくらははしってきた やすもないスピードで
それぞれの時代じだいえてきた ふとあしめたときえた
つづくはずのみち途絶とだえてた ただくした

おおきな太陽たいようそらしずんでいくような
かすかなおと意識いしきしながら
いまできるかぎ両手りょうてきみかこんでも
たしかなしるべもないまま どこへゆくのか ぼくらは

水面みなもうつれる しずかなつきてる
えそうなのように ふるえるふたりを木々きぎわら
のひかりはいつまでも つちにおいをまとうように
やがて黄金こがねひかあさ

イチゴばたけでふたり かがんでをつないだ
とお記憶きおくのすみに ぼんやりとそんな景色けしきえた

科学かがくただしいと迷信めいしん風邪かぜひいて
ふるえるきみいたまま どっちへゆこうか

ぼくらはこいをしてた わかりあえたスタンスで
きっともっとずっとまえから たしかにとおくをてた
予定よていどおりに偶然ぐうぜん

ついにときじくうしなって
たしてふたりここで出会であえた
途絶とだえたはずのみちつづいてた
ぼくらはゆめてた