1. すべての悲しみにさよならするために歌詞

「すべての悲しみにさよならするために」の歌詞 KAN

1995/1/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いつからきみ
どんなふうにぼくを
いたむほどに
きになっていたの
きみなか
いまぼくがいること
たしかめるように
きみ
やさしさの意味いみ
間違まちがえぬように
きみ隙間すきま
うめてこう
きみわらとき
きみかなしむとき
そのすべてを
けとめてたい
もしもこのおもいが
きみにとどいているのなら
いますぐここに
いつでもそばにいて
そしてこわれるほど
きみのこときしめてたい
すべてのかなしみに
さよならするために
しずかにこいわるとき
ひとなにうらだれうらやむの
これから二人ふたり
こりるすべてを
ゆるせるとき
あいわらない
それでも時々ときどき
不安ふあんになるよるもあるよ
きみがふとどこかに
えてしまわないかと
いきもできないほど
きみのこときしめてたい
すべての憂鬱ゆううつ
さよならするために
とおとおむかし二人同ふたりおな
世界せかいまれたように
きっとかさなりあう
偶然ぐうぜんづかぬうちに
まもられてる
そうしんじていよう

もしもこのおもいが
きみにとどいているのなら
いますぐここに
いつでもそばにいて
そしてこわれるほど
きみのこときしめてたい
すべてのかなしみに
さよならするために
そしてこのおもいが
二人ふたりいて永遠えいえんなら
すべてはきみのため
すべてはぼくのため
こえゆるさぬほど
きみのこときしめてたい
すべての憂鬱ゆううつ
さよならするために