「オー・ルヴォワール・パリ」の歌詞 KAN

2010/3/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
人生じんせいなんて のように うすっぺらいもの
たとえばこれは れたおとこかなしい物語ものがたり

はじまりは勘違かんちがい それこそが発見はっけん入口いりぐち
とびらけたものだけが 出口でぐちをさがす権利けんり

てどてどバスはず メトロが30分さんじゅっぷんまったなら
それはきっと出会であいの機会きかい

わたしをまどわせるマドモワゼルの御機嫌ごきげんをうかがいながら
滑稽こっけい手振てぶりとあきらめの苦笑にがわらいをにつける

やすいワインをかたむけて 音程不安定おんていふあんていなボロピアノをでて
どっかでいたよな ふるくさいあいうたをうたう

Bonsoir Paris こんばんはパリ
Bonsoir Paris ゆめまち
こいをしたり うたうたったり
Bonsoir Paris フランスの首都しゅとパリ

カフェのテレビはかなしいほどにうつりがわるいものの
ひかうご絵画かいがなのだとおもえば3時間さんじかんていれる

経済的利潤けいざいてきりじゅん最善さいぜんとするもの
それをなくしたときに その性格せいかくさえうしなうのだろう
C'est dommage(残念なことだ)

6月21日ろくがつにじゅういちにち (fete de la musique) のまち音楽おんがくあふ
7月14日しちがつじゅうよっか (quatorze juillet) にはとう花火はなびがあがる

人生じんせい大切たいせつなことは 繁栄はんえい衰退すいたい幸運こううん失恋しつれん
もちろんぎわも いかにおもむきがあるかということだ

C'est la vie a Paris 枯葉舞かれはまあき
C'est la vie a Paris 黄金色こがねいろまち
こいをしたり うたうたったり
C'est la vie a Paris こころ首都しゅとパリ

そして彼女かのじょ突然とつぜん さよならもわずにった
ぬるい哲学てつがくかたるよりも ただきしめるべきだったのか

かわいたフォアグラのように 本質ほんしつうしなってしまったわたし
やさしく均等きんとう束縛そくばくもと東京とうきょうかえ

Au revoir Paris でもやっぱり
Au revoir Paris かえりたくない
さよならパリ あいすべきまち
Au revoir Paris きっといつかまたパリ

La la la la la, la la la la la
La la la la la, la la la la la la la
こいわったし うたつくったし
Au Revoir Paris,
Merci beaucoup, a bientot パリ

人生じんせいなんて 枯葉かれはのように すくいなく うつくしいもの