「サンクト・ペテルブルグ -ダジャレ男の悲しきひとり旅-」の歌詞 KAN

1998/2/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
それは成田なりたてからそうですね9時間じかんほどたったころ
ねむまどとおくにひかえめにこぢんまりひかってたまち

くももかすみもなくて今日きょうみたいにクリアーにえるのは
わたし何度なんどんでおりますがめずらしいことなんです。
むかしはレニングラード…」
「あ本当ほんとう、フィンランドですか?」「いいえロシアです。」
スチュワーデスさんが微笑ほほえんだ うーん Such a pretty smile

こいはたとえばこんなふう
ちょっとした会話かいわ発端ほったん
なんとなくはじまってくもんなんデストロイヤー

太陽たいよういかけてれるそら
こんなときとなりにきみすわってたら
どっぷりお説教せっきょうされんだろうな

ところでぼくの目的地もくてきちはパリ 発音はつおんのむずかしいParis
ワインのはたけむらを1週間しゅうかん レンタカーでまわるんです
出会であひとはみな素朴そぼくでフランスでゆるやかにとき
もう明日あしたかえるんですメルシー・ボク
でもうーんちょっとサミシー・ボク

さんざんウルウルって
がつきゃどうもレンタカーのキーがないんです
子供こどもたちがわらってます Comment allez vous ?

こいはたとえばこんなふう
そうちょっとをぬいてあぐらをかいてるうちに
途方とほうれてしマウンテンバイク

なさけないでしょたかそら
こんなとき一緒いっしょきみがいたんなら
やっぱりお説教せっきょうされんだろうな

結果けっかどこでなにをしてもても
いつも全部ぜんぶきみにむすびついてロンリーです
なみだでるほどきでした

もしももう一度いちどえるなら
きみにもっとせたいものやはなしたいことが
たくさんたくさんアンデス山脈さんみゃく

どっかで偶然ぐうぜんえるかな
おもったよりけっこうあっさり
自然しぜんにダジャレの2つ3つえんのかな

それともとっくにどっかのエリートさんと
ちゃっかり結婚けっこんしてんのかな