「何の変哲もないLove Song」の歌詞 KAN

2005/8/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
れわたるそらしろくも きみとぼくがいて
なんでもないんだけど ただわらってる
たとえばそう なん変哲へんてつもないあいうたをうたおう

とおくのやまのそのこうに ゆっくりすこしずつ
まっすぐびる飛行機雲ひこうきぐものように
たとえばそう ひたすら一本いっぽんあいきみにうたおう

普通ふつう旋律せんりつで ひねらない言葉ことば
たぶんきみが そのおくのほうをってくれるだろうから

なみだでるようなかなしみも おおくの後悔こうかい
きみとならばただのうたになる
たとえばそう いまあるがままのおもいをつづってうたおう

途中とちゅうまでだっていい 無理むりしなくたっていい
このつづきは きみがきっといつかつくらせてくれるだろうから

れわたるそらしろくも きみとぼくがいて
なんでもないんだけど ただわらってる
たとえばそう なに変哲へんてつもないLove song きみにうたおう
わることのないあいうたをうたおう