「君がいなくなった」の歌詞 KAN

1993/2/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あともうすこ勇気ゆうきがあれば きみはまだここにいて
がすむまでぼくをたたいた

かわいたなみだ 最後さいご言葉ことば うまくつからぬまま
かぜがぼくらを そっとぼくらをふたつにった

もう電話でんわ二度にどとかけないときみ
二人ふたりあいしてたあの日々ひびしずかにこおりつく

さよならをえなくてきしめあったみち
きみがいなくなったときから ぼくはただのひと

かなしいドラマ 電気でんきもつけずねころんだままてた
をはらすきみをからかった

5ふんもたてばけろりとわらきみきよせたとき
ぼくたちだけはきっとちがうと自信じしんがあった

ふりだしたあめはうそのようにつめたいね
きりだしたときにいつもならきみいてたのに

ぼくだけがくるしくてあきらめたくなくて
きみえていった うしろ姿すがたをおぼえてる

かわりはてた背中せなかこえらしても
もどってこない きみ気持きもち むこうむいたまま

あともうすこ勇気ゆうきがあれば きみはまだここにいた
いまでもきみを こんなにあいしてるのに

きっといいひと出会であうよときみ
なにえなくて まだぼくはきみをさがしている

けんかして キスもして ゆめをたたんだ部屋へや
きみわすれてったおもだけがふるえてる

きみがいなくなったときから ぼくはただのひと