「抱きしめたい」の歌詞 KAN

2008/11/19 リリース
作詞
桜井和寿
作曲
桜井和寿
文字サイズ
よみがな
hidden
出会であったおなじように 霧雨きりさめけむるしずかなよる
じればかんでくる あののままの二人ふたり

人波ひとなみあふれたまちのショウウィンドウ とれたきみがふいに
つまずいたそのとき めた両手りょうてのぬくもりがいまでも

きしめたい
あふれるほどのおもいがこぼれてしまうまえ
二人ふたりだけのゆめむねあるいてゆこう
わったこいこころ傷跡きずあとぼくにあずけて

キャンドルをともすように そっと二人ふたりそだててきた
かたちのないこのおもいは いまはもう えはしない

ふるえそうなよるこえをひそめ きみ指切ゆびきりしたあの約束やくそく
わすれてやしないよ 心配しんぱいしないで きみだけをている

もしもきみきたいくらいきずつきかたとすときには
だれよりも素敵すてき笑顔えがおさがしにこう
すべてのことをめてきたい ずっと二人ふたり

きしめたい
あふれるほどに きみへのおもいがみあげてく
どんなとききみかたをならべてあるいてゆける

もしもきみがさみしいときには
いつもぼくが そばにいるから