1. 秋、多摩川にて歌詞

「秋、多摩川にて」の歌詞 KAN

1993/12/10 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
水辺みずべひくくとぶとり
ってしまうほど
十月じゅうがつ連休れんきゅう
ゆっくりと おだやかで

きみはどうしているだろう
ぼくはいま多摩川たまがわ
おおきなしろいぬにほえられて
しかたなくげてきたところ

Yesterday
ひさしぶりに そうきみゆめにでてきた
どんな場面ばめんかはわすれたけど
わらってた あのころきみのままで

あいするひとのためだけに
給料きゅうりょうももらわずに
はたら毎日まいにちって大変たいへんだろう
どんなんだろう

きみはどうしているだろう
ぼくはいま多摩川たまがわ
いがらをげすてて
老人ろうじんにしかられてあやまってたところ

がんばれ
ぼくには それしかえないけれど
時々ときどきとおくでおもってるよ
かわらず あのころのぼくのままで

二人ふたりこい物語ものがたり
みじかすぎたけれど
It's all right
うつくしくのこるよ ずっと

Yesterday
ひさしぶりに そうきみゆめにでてきた
どんな場面ばめんかはわすれたけど
わらってた あのころきみのように
がんばれ いつでもやさしく
あのころきみのままで