「遥かなるまわり道の向こうで」の歌詞 KAN

2006/8/30 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あお時代じだいをただただまっすぐに 有無うむわずはしっていた
おもえばそれはただながれてたともえる 小舟こぶね大河おおかわごと

はるかなるまわりみちこうで 唯一ゆいいつひと出会であ
きるおもみを地面じめんかんじながら あたかもぼくはぼくであるように

やがて風吹かぜふ木々きぎはしなりち にわかに水波みずなみたか
げればかぜ たたかうならむかかぜ
太陽たいようけて ただまえすすもう

時代じだいなが形勢けいせいわりゆき 真実しんじつわれるもの
こたさくるようにかええが小舟こぶね大河おおかわごと

またかぜ木々きぎはなぎたおされ みずうねるようにせま
それこそにかぎられた時空じくう
昇華しょうかさせるのだ ろうそくののように

たとえそれがかすかなひかりでも えずきみらす
それこそがいまきる意味いみとなればいい ぼくがぼくであるために