「Autumn Song」の歌詞 KAN

1996/5/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
Autumn あきにはあきなりのかぜのふくきがあって
なに準備じゅんびするでもなくぼくたちはこいちた

ながれのようにしずかに結論けつろんわずにあいった
最期さいご筋書すじがきもらぬまま

このこえとどくように かすかでもこえるように
みみましておくれ たとえそれがぼくへのあわれみであっても

Autumn きみにはきみなりのいま日常にちじょうがあって
もういろぬけのおもいはりたたまれているはず

いまきみ何処どこにいて何色なにいろそら見上みあげてても
わらずぼくはきみのうたをうたう

このこえとどくなら だれにも気付きづかれぬように
なみだながしておくれ たとえそれがきみなりの誠実せいじつじゃなくても

あしもとにもる枯葉かれはなだめるようにぼくはうつむいたまま

Autumn ぼくにはぼくなりのいま生活せいかつがあって
まだここにすわったままこうしてきみのうたをえが

もしもきみがここにいてぼくのよこ音符おんぷをなぞってたなら
そのときぼくはなにをうたうのだろう

このこえとどくなら なにとがめるでもなく
なみだながしておくれ たとえそれがきみにとって真実しんじつでなくても